読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リハビリ、整体師が伝える健康の秘訣!

作業療法士、整体師が全世界の人を健康にするためのブログです!!素人でもできる治療方法などをお教えします!!

ファスティングの驚くべき効果??? 何が良くなるの?

f:id:koshigayatasuki:20170409160158p:plain

 

皆さん こんにちは

 

越谷 難治性疾患 慢性腰痛専門整体院 院長 山口です。

 

本日は、ファスティングについて書いていこうと思います。

 

ファスティングの効果】

1:お腹がグーグーなる

 人を始め、あらゆる哺乳動物の小腸の入り口には、食べ物センサーがあります。食事が流れてこないと小腸は「モチリン」 という消化ホルモンを出します。このホルモンは胃を収縮させることによってまだ胃に残っているかもしれない食べ物を小腸に送り込ませようとします。これを空腹気収縮といってお腹をグーグーの正体です。

 

2:若返りスタート

モチリンで胃を絞り出しても、何も食べ物がなければ、空っぽの状態に気付いた胃袋から「グレリン」というホルモンが出ます。グレリンは脳の視床下部に働いて食欲を出させるのが仕事です。そして、同時に脳の下垂体に働き、成長ホルモンを分泌させます。成長ホルモンこそ、またの名を「若返りホルモン」、どんどん魅力的になります。

そして、グレリンが糖や脂肪を使ってエネルギーを作るミトコンドリアを活性します。

ミトコンドリアが元気になるとまさに細胞まで元気になっていくのです。

 

3:サーチュイン遺伝子

活性酵素の除去、代謝のコントロール、遺伝子の修復、テロメアの安定化

 

4:内臓脂肪燃焼

どんなに運動しても優先的に使われるのは筋肉内のグリコーゲンという糖ばかりで、なかなか燃えない内臓脂肪ですが、ファスティングではグリコーゲンを使ったあと燃え始めます。しかもその時に脂肪細胞から奇跡のホルモンが分泌されます。それが「アディポネクチン」です。アディネポクチンは体中の血管を掃除して体を若返らせてくれます。

 

5:脂肪の燃焼によって、脂肪毒が放出される

脂肪細胞の中には、ウイルスや病原菌が潜むほか、有害なサイトカインとして代表的なものを挙げると①TNFアルファ:DMになりやすい ②アンジオテンシノーゲン:高血圧になる③パイワン:血栓ができやすい、などがあります。

 これらがファスティングにより脂肪細胞から出て、小便や大便となり排泄される。この時、好転反応が起こることがある。

 

6:デトックス

日常生活では、体内で作られる酵素の約80%は消化に使われていますが、ファスティング中は消化酵素を使わないで代謝酵素にエネルギーを使うことができます。代謝の働きによって、汗をかいたぐらいでは排泄できない細胞内に入ってしまった有害ミネラルを細胞外に排泄し、血液中に出た有害ミネラルは尿などで排泄され体の中がどんどん美しくなっていきます。

 

7細胞の修復スタート

 たんぱく質は、皮膚や筋肉、臓器ホルモンや酵素など体を構成する種類は10万種類以上あります。細胞の中にはひとつひとつに傷ついたところを修復するHSPが備わっています。

 

8肺をきれいにする

 呼吸は生命のもっとも基本的な活動ですが、ファスティングは肺の細胞を修復し酵素の供給をスムーズにします。酵素が体内をたくさんめぐることで1つ1つの細胞が活気づきエネルギーを生み出す力が大きくなります。

 

9ケトン体

脳内で行われる神経活動によってさまざまな脳波が出ています。周波数によっていくつかのグループに分けられます。

・アルファ波:集中できている。心身がリラックスしているとき

・ベータ波:不安や緊張しているとき

・ガンマ波:怒りや興奮している時

・デルタ波:眠っているときや無意識の状態でいるとき

・シータ波:うとうとまどろんでいる時

 

 

ファスティングは、酵素ジュースが必要です!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【自己紹介】

越谷 難治性疾患 慢性腰痛専門 たすき整体院 院長山口です。

昨年から開業し難治性疾患のヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛を中心に治療を実践してきました、

自宅から痛みで外出できない人へ、訪問整体も実施し数々の患者様から喜びの声をいただいている。

080-27277-8675